六甲ミーツ・アート芸術散歩2020に行ってきました ~六甲スカイヴィラ・六甲山天覧台編~

六甲ガーデンテラス編からのつづき。

次は、ホテル 六甲スカイヴィラに向かうことにします。舗装道路を歩くのは面白くないので、神戸ゴルフ倶楽部の横の小道を通り、途中から細い山道を南へ下ります。そうすると、ちょうどスカイヴィラの裏手に出てきます。

スカイヴィラの1階ロビーに展示があります。松本千里さんの"やまのかたち"

松本 千里 “やまのかたち"


個人的にスカイヴィラの雰囲気がとても好きです。とても静かで、何回来ても落ち着きます。ロビーでゆっくり読書でもできたら最高ですね。

園芸用の作業服を糸で縛って、かたまりにしています。それらを六甲山で伐採された木に、大量に配置。かたまりになっていて、作業服に見えないですね。作業服にはスナップボタンが付いているので、それで木に取り付けているとのこと。このボタンを外すことによって、かたまりを自由に移動させることができます。すごい発想ですね。

スカイヴィラでの展示はこれだけですので、次に向かうことにします。この日は気づいていなかったのですが、近くに六甲スカイヴィラ迎賓館があり、そちらでも展示しています。

すぐ近くに風の教会があるのですが、時間が遅くなったので後日に行くことにします。柵の外からちょっとだけ撮影。下の写真は、風の教会横にある、六甲オリエンタルホテル跡地。何やら展示がありますね。

六甲オリエンタルホテル跡地の展示

次は、天覧台(六甲ケーブル 山上駅)に向かいました。舗装道路を15分ほど歩くと到着です。

景色が素晴らしい!

天覧台よりポートアイランドを望む

作品は中村 萌さんの"Meet you anywhere"

中村 萌 “Meet you anywhere"

うつろな表情で、動植物と同化したような人物ということです。六甲山サイレンスリゾートにも中村さんの展示があると書かれていましたので、後日行ってみます。

六甲山上駅の駅舎内もいくつか展示があります。ちょっと展示としてはわかりにくいかもしれませんので、探してみましょう。

アナ・シリングさんの"Faxen"
ミーツ・アートの期間中、ドイツのブレーメンから不定期にFAXが送られてくるそうです。これもアートなのか^^;;

Anna SCHILLING “Faxen"

マリオン・ボーゼンさんの"景観ベンチ"

Marion BÖSEN “景観ベンチ"

アレクサンダー・ボールさんの"8 by 8″
周波数発生機8個(黒い物体)より、光センサーで感知した明るさにより、いろいろな音が聞こえてきます。

Alexander BÖLL “8 by 8"

他にもいくつかの作品がありました。

以上で、この日は終わることにしました。後日、別の展示に向かいます。

つづく

記念碑台の階段