兵庫陶芸美術館に行ってきました ~出石焼-但馬の小京都で生まれた珠玉のやきもの~

出石焼-但馬の小京都で生まれた珠玉のやきもの

9月の中旬に兵庫陶芸美術館に行ってきました。

今回は、撮影禁止だったため写真はありません。

個人的に今回の展示は、これまでのベスト3に入るぐらい、すばらしい展示でした。出石というと、現在は皿そばで有名ですが、江戸時代後期は焼き物で有名だったようです。

どの陶器も、非常に細かな作りでため息が出るものばかりです。おそろしく精密で職人の技があらわれており、驚きの連続。

解説によると、1899年には出石陶磁器試験所が開設されて、業績を伸ばしたそうです。「一般の需要を超えた精緻で細密な高級品」と書かれているのがよくわかります。ただ、高級品に偏った経営や不況で、この試験所は約10年で廃窯になってしまったそうです。短すぎますね(´・ω・`)

故に、非常に貴重品ではないかと思います。状態もすばらしいです。ぜひ実際に足を運んでご覧になることをオススメします(`・ω・´)

Message-現代陶芸コレクション-

テーマ展としては、「Message-現代陶芸コレクション-」も開催されています。現代の作家さんの作品展です。個人的には、現代陶芸の方が好みですが、今回は出石焼のインパクトが大きすぎました^^;;

もちろん、こちらの現代陶芸コレクションもよい作品ばかりなので、あわせて御覧ください。

丹波焼の匠たち -丹波篠山市在住 日本工芸会正会員 作品展-

展示棟入り口近くにある、「情報コーナー」の展示も入れ替わっていました。
「丹波焼の匠たち」ということで、丹波篠山市在住の作家さんの作品が並べられています。こちらは無料です!

ピーター・ハーモン 春風窯
大上雅司 まるせ窯
市野秀之 雅峰窯
市野哲次 市野悟窯

お気に入りの窯元を探してみるのも、楽しいと思います♪

ワンコインコンサート

2020年10月24日(土)は、秋のチェロコンサート(ワンコインコンサート)があります。コロナの影響で、しばらく中止されていましたが、復活しているようです。

こちらに参加すると、美術館の鑑賞券をいただけます。音楽を聞いて、美術鑑賞もできて、なんと500円!とってもお得です!
通常の観覧料は1000円。半額ですね(`・ω・´)

今回の特別展は11月29日までです。紅葉の時期に、行ってみるのもいいですね♪