丹波篠山・まちなみアートフェスティバル 2020 に行ってきました -Historic Street ART Festival in Tamba Sasayama –

まちなみアートフェスティバル 2020

2020年9月に丹波篠山・まちなみアートフェスティバルが開催されました。

毎年、丹波篠山市の河原町妻入商家群にて行われていますが、今年は新たに市内の作家アトリエ・ギャラリー・カフェでも作品が観られるようになりました。

このフェスティバル、昨年は行けませんでした。というのも、なぜか丹波篠山市の観光情報サイト(公式観光サイト)に載らないので、気づかなかったのです(´・ω・`)
観光情報サイトは時々チェックしますが、まちなみアートのサイトは、年1回だけですからチェックしませんからねぇ。なぜ掲載されないのか、いまだに謎です。。。何やら大人の事情でもあるのでしょうか。

今年は、開催寸前に気づいたので行ってきました。

とりあえず、市内のギャラリーを巡るのはちょっと距離があるので、いつもどおり河原町妻入商家群へ。

気に入ったものをいくつか紹介します。

山村幸則さんの展示。丹波篠山市の春日神社の能舞台の床下には大甕おおがめが置いてあり、それが音響の役割を果たしているそうです。作家さんは衝撃を受けたそうですが、僕も衝撃を受けました^^

丹波古陶館の方々が、代々受け継いできた甕を借りてきて、展示しているとのこと。

その奥には、栗本夏樹さんと佐藤千重さんの作品。

大西治さん、大西雅子さんの作品。"「作る」ことが大好き“と書かれており、まさに想いのとおりの作品ですね。観ている方も楽しくなってくる作品です♪

伊倉真理恵さんの作品。「今日は絵にでも浸かろうか」という瞬間を作りたいということで「絵の湯」という個展シリーズだそうです。

奥にも展示があったのですが、靴を脱ぐ必要がありました。脱ぎにくい靴を履いていたため、残念ながら断念。浸かれなかった(´・ω・`)

その他にも、ぶらぶら散策していると、たくさんの作品があります。

真ん中の穴から中を覗いてみると、、、

こんなに鮮やかな、写真のような絵もあったり。

王地山陶器所では、建物内にたくさんの青磁が並んでいました。外にも展示があります。

すぐ近くに、「王地山まけきらい稲荷」があるので、久しぶりに行ってみました。変わった名前ですよね。以前に来たときよりも人が少なく、ゆっくり写真を撮れました。プチ伏見稲荷^^

お昼はたまたま通りがかった「ジャスミンティマ」さんで、六角弁当(1000円)をいただきました。他にお客さんはおらず、貸切状態でゆっくりと。食後のクッキーもあります。成人男性には、少し量が少ないかもしれません。僕は、最近食が細っているので問題なし。若いときは痩せの大食いだったんですけどね^^;;

中西俊介さんの作品。デカンショ祭が中止になりましたが、サプライズ花火があったそうです。そのときに撮られたときの作品。

中山明日香さんの作品。

すぐ近くにある、マドラスカフェさん横にある建物内。かわいいですね♪

さらに、ぶらぶら散策していると、gallery+café 惠山を発見。中にぶら下げられていた作品(?)
お店の飾りかもしれません^^;;

鳳鳴酒造。今回のアートフェスティバルとは関係なし^^;;

その後も城下町を散策し、帰路につきました。久しぶりのアートフェスティバル。いつもどおり、観ていて楽しいものばかりでした♪

これで終わる予定だったのですが、次週またもや篠山へ!

つづく