有馬涼風ビアガーデンが始まりました!

有馬涼風ビアガーデン(旧 有馬涼風川座敷)

8/1から、「有馬涼風ビアガーデン」が始まりました。本来は、7/23から始まる予定でしたが、連日の雨により延期になっていました。ようやく開催です!

昨年までは、「有馬涼風川座敷」という名前でしたが、今年からは名称が変わりました。なぜ変わったのか。

それは、昨年まで川の横に座敷(下の写真、右上)を用意して、そこですきやきを食べるスタイルでしたが、今年からは座敷がなくなったからのようです。

2019年の有馬涼風川座敷の様子

昨年から、有馬親水公園のリニューアルが行われていました。それにともなって、ライブステージや屋台の配置を変更したようです。

2019年と2020年の比較(左:2019年 右:2020年)

入口では、体温計測とアルコール消毒が必要です。今回は、入口と出口が分かれているので注意が必要です。足の悪い方は、出口の急な階段を登れるのか心配です。

左:入口 右:出口

ライブステージは左の車道側から、ねね橋の下に移動しました。今までは、ねね橋の上から観覧できていたのに。。。個人的には改悪です(´・ω・`) 車道の歩道から見ることもできますが、歩道は非常に狭いため、あまり立ち止まりたくはないです。ライブが見やすいのは、ねね橋の直下、ステージ前だけになりましたが、狭いので見えにくいです(´・ω・`) 手前側はすき焼き席になっていますので、入れません。

昨年までは、全体から万遍なく見えていたのに、残念です(´・ω・`)

ステージ前

屋台はワゴン(?)のようなものに変更されています。 

今までの金券による決済はやめてしまったのか、現金の受け渡しがされていました。一部PayPayが使えます(射的などの遊びには金券は発行されている模様)

今年こそ、現金は扱わないほうが良いと思うのに(´・ω・`) いろいろ事情があるのでしょうか。。。

新屋台

以前よりも下流側までお店が配置されています。手前の赤い部分は、一番人気の射的です。昨年は一番奥だったのに、大移動です。

下流側

スポンサーは、ビール会社、旅行会社がすべて消えていました。そのかわり、新たなスポンサーが増えているようです。

スポンサー

すき焼きは、予約制だったのですが、受付ができているので、どうやらいつでも申し込めるようです。このやり方のほうがいいですね。

これまでは、大雨で中止になったら、屋内になっていました。せっかく川座敷で食べようと予約していたのに、建物の屋内で食べることになり、がっくりだったはずです。予約がなかった時は、座敷が空席のままでしたので、効率もよくなっているかも。

お店は、全体的に新しくなり、増えているようです。

水鉄砲

それにしても、このコロナ感染者が増えている中、開催したのは驚きでした。個人的には、過度の自粛は必要ないと思っている方ですが、今年は中止だと思っていました。

観光協会のホームページにも、このビアガーデンのことは書かれていません。今でも、ライブのプログラムも載せていない。やる気があるのかないのか、よくわからない状態ですね。

ステージライブのプログラムを載せておきますね。

ステージライブのプログラム

芸姑さんは、踊り以外ではフェイスマスクをしていました。遠くから見ると、全く目立たないのでいいですね♪

人の数は特別多いわけではないですが、食事、おしゃべり、マスクなしの人がいる中、風上からの風で、飛沫が飛びそうで少し心配しました。個人的には、川床に降りるのは控えておこうと思います。ライブも見えにくいし。。。(´・ω・`)

毎年見ているので辛口コメントになりましたが、初めての方は、楽しめると思います(`・ω・´) 雰囲気は良いので、ぜひ行ってみて下さい!8/23までです。

(個人的おすすめライブイベントは、なんちゃってBluesBand)

今年は、神鉄のお得きっぷも発売されています♪