きったないパソコンキーボードを洗うの巻 ~その2~

キーボードの洗濯

急にデスクトップパソコンのキーボードを掃除したくなり、キートップを全部外してキーボードを洗ってみました。

現在使っているキーボードは、エレコムのワイヤレスキーボード(TK-FDM063)です。約1,600円ぐらいの安物ですが、キーの感触もよく、気に入っています。キーボードはピンからキリまであって、高級品はやはり打ちやすくて感触もよいのですが、10倍以上を払うほどでもないかな、というのが正直なところ、あと、ご飯を食べるところの近くに置いていて、油や汚れが付く可能性が高い。まぁ、行儀が悪いだけですが(´・ω・`)

前回、譲り受けたパソコンのキーボードを洗いましたが、同様の手順です。キートップを外して、洗面器に食器用洗剤を入れて、かき混ぜました。本体は、綿棒とアルコールで地道に汚れを取ります。

キートップを外し終えてから、掃除前の写真を撮っておけばよかったと後悔(´・ω・`)
洗い終えた写真だけ撮ってみました。ピカピカです♪ 新品同様!

洗い終わったキーボード

あれ?なんか気づきましたね。そう、「Z」の右横にある「X」のキートップが違う!実は、洗い終わったキートップを装着しているときに、適当にはめすぎて爪を折ってしまいました(´・ω・`) そのままはめても、キーを押すと飛び出してきてしまいます。。。これぐらいで買い替えはもったいないので、右Shiftキーの左横にある、「\」と交換しました(`・ω・´) ほとんど使わないボタンですので。ドジだなぁ。。。

でも、これでOK。きれいになって気分良く、打てるようになりました♪