阪神・淡路大震災 1.17のつどい

2020年1月17日

2020年1月17日は、阪神・淡路大震災から25年。以前はルミナリエも1.17のつどいも行ったことはなかったのですが、7,8年前から時間が合えば行くようになりました。心境の変化でしょうか。

今年は早起きして、5時46分に間に合うように家を出て、ぎりぎり5分前に東遊園地に到着。黙祷に間に合いました。会場は人で埋め尽くされていました。周りには、当時を思い出して涙ぐむ人、生まれる前だった若い人、外国の方、多数のマスコミの方々、いろいろな方がいます。

1.17のつどい

私自身は、阪神・淡路大震災を経験していません。当時、大学の冬休みで神戸に帰ってきていたのですが、2日前の15日に新長田駅から青春18きっぷを使って、神戸を離れたところでした。ムーンライトながらの車中で1泊し、16日には山形に到着。

翌朝起きてテレビを付けたら、信じられない光景が広がっていました。実家に電話しても当然つながらず。。。2日前に出発した新長田駅の信じられない光景がテレビに映っていました。

1.17のつどい

その日の1限目が地学の講義でした。教授はなにも震災については触れなかったので、不思議に思っていましたが、その日に教授が朝のニュースを見ていなかったということを、1週間後の講義のときに言っていたことを覚えています。

それから約4ヶ月後の5月に休みができたので、神戸に帰ってきました。一部、新長田駅付近の家がつぶれたまま放置されており、爪痕を感じることができました。しかし、一番ひどい状態は知りません。

実家は神戸市西区のため、被害はほとんどありませんでした。壁紙に亀裂がはいったぐらい。 

1.17のつどい

その後、仙台に就職し数年後、諸事情で神戸に戻ってきました。それから10年後の2010年8月に、バイクで山形・仙台にツーリングへ行き、当時の知り合いの方に久しぶりにお会いしたのですが。。。ご存じの通り、翌年3月11日に東日本大震災が発生。

七ヶ浜町の知り合いの方の家は、海が目の前。もう、気が気でなかったことを覚えています。何週間かしてから連絡が取れ、自宅と経営していたガソリンスタンドは流されたけれど、ご夫婦は無事だったと聞いて、どれほどホッとしたことか。。。

写真を遡って見てみると、名取市のサイクリングターミナルという施設で宿泊していたときの写真が出てきました。海のすぐ側だったため、津波で壊滅的な被害を受け、翌年には取り壊さたとのこと。なんと、今年(2020年)秋に開業予定!長かったですね(´;ω;`)

在りし日の名取市サイクリングターミナル

当時はF650GS Dakarというバイクに2年間乗っていました。トップ・パニアケース付きの中古を買って、二人乗りしても荷物をたっぷり載せられました。キャンプツーリングにどれほど行っていたか。当時、小学生の姪っ子を乗せて出かけたのはいい思い出(`・ω・´) しかし、ローンを返し終わった2年後に故障で廃車になりましたとさ(´・ω・`)

幸いなことに、今のところ大きな災害は免れています。しかし、震災に遭った方と自分の中の温度差を感じると複雑な気持ちです。今後も、できるだけ1.17のつどいに訪れたいと思います。

HAT神戸にある「人と防災未来センター」は毎月17日は無料で入館できます。まだ行っていない方は、ぜひ。